スポンサーリンク

【米国が暴露】韓国現代自動車ヒュンダイ・エラントラが「購入を避けるべき最悪のクルマ」に認定!?

クルマのニュース
スポンサーリンク

登録者数27万人、車関係の動画を扱う、人気Youtubeチャンネル「エブリマン ドライバー」で、あなたが避けるべき最悪の車『ヒュンダイ・エラントラ』」と題し、韓国現代(ヒュンダイ)自動車の、品質に対し苦言を呈する動画が投稿されました。

 

【米国が暴露】韓国現代自動車ヒュンダイ・エラントラが「購入を避けるべき最悪のクルマ」に認定!?

日本車を越えられない?韓国・現代(ヒュンダイ)自動車!?障害物回避テストで露呈

スポンサーリンク

韓国ヒュンダイ・エラントラ「購入を避けるべき最悪のクルマ」

ヒュンダイ・エントラは、1990年から製造されている、長い歴史を持つ車のひとつです。
手ごろな価格と、経済性を重視したラインナップに魅力を感じる人々は、エントラを選びますが、低価格の理由は「低品質」によるものです。

人々が、新車や、中古車を選ぶ場合、一般的には「16万㎞」くらいまでは、走る事が出来る必要があります。

累計走行16万キロに達するまでに、エントラにはどれだけのメンテナンス費用が必要か、また、実際にエントラのオーナーからの苦情を集めてみました。

トラブルの割合を、エントラのモデルごとの製造年別に見る事で、どの年数のエントラがメンテナンス費用が掛からないか、今後エントラの購入を検討するカタへの、指針になるかと思います。

【米国】韓国現代(ヒュンダイ)車がボロボロ!当て逃げした女性はパニック状態で逃走した!

韓国ヒュンダイ・エラントラ「年度モデル毎の苦情」

【米国の反応】米国メディア指摘した日本で「アメ車」が売れない3つの理由とは、、、

ヒュンダイ・エラントラ 1991年のモデルの苦情

1991年のモデルの苦情は、エンジンに起因するものでした。

エンジンからの「カチカチ」オンや、燃費に関する問題に対し、多くの所有者は不平を述べています。

また、すべての年で製造されたエントラは、EPA燃費ラベルの表示と実際の燃費との差が大きく、燃費が悪いという事です。

【画像有】日本車の安全性に追いつけない韓国車の技術!金持ち優先の安全性能を暴露

ヒュンダイ・エラントラ 2013年「車の苦情」重大度、ナンバーワン


2013年には、40人以上のエントラ・オーナーから燃費が悪いとの苦情が出ています。
しかし、この傾向はエントラの製造年にかかわらず、かなりの年数において、散見されます。

また、2013年には不名誉な「車の苦情」重大度、ナンバーワンを獲得。
その大きな理由は「パワーステアリング」に起因する、苦情でした。

2013年には、苦情が508件以上も寄せられています。
100人以上がエンジンの問題を指摘し、70人以上がタイヤホイールと、ハブの問題を指摘しています。

【日本の闇】「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は意味なし?10台中5台が輸入車の現実

ヒュンダイ・エラントラ 2013年以前の苦情

2013年をピークとして、エントラに対する苦情は、落ち着いている様に見えます。

2012年は、147件、2011年は、107件の苦情。

新しい車になると、かなり苦情は現象している様です。

ヒュンダイ・エラントラ 2013年以降の苦情

2014年は、76件。2015年は、56件。

2016年「36」、2017年「52」、2018年「13」とかなり、苦情の件数は、少なくなっています。

【米国が暴露】買ってはいけない危険な輸入車「ワースト7」を公開!! 

韓国ヒュンダイ・エラントラ「修理費用が莫大」


もし、あなたが故障が発生する「ヒュンダイ・エントラ」を所有する、不運な数人のひとりであれば、ステアリングに関する不具合は、累計走行106,000㎞で発生する可能性があります。

その修理には最大12,170ドル、日本円で約133万円の費用がかかる可能性があります。

また、114,000㎞を過ぎると、エンジンのカチカチなどの異音を修理するのに、4,570ドル(約50万円)。

エントラの燃費悪化を、修理するのは簡単ではありません。
解決策として、平均3,000ドル(約33万円)の費用が、かかります。

エントラの累計走行距離が、10,000マイル(約16,000㎞)に達する前に、カタログ燃費との大きな差に気づきます。

エントラの苦情は以前に比べ、落ち着き 信頼性の評価も高まってきたものの、消費者レポートによれば、ヒュンダイ・エントラを購入した人のうち、顧客満足度は毎年「5人に1人」という驚く程低いものです。

【画像有】米国テストで露呈!ヒュンダイ、KIAの自動ブレーキ性能が酷い

コメント

タイトルとURLをコピーしました