スポンサーリンク

【画像有】日本車の安全性に追いつけない韓国車の技術!金持ち優先の安全性能を暴露

クルマのニュース
スポンサーリンク

IIHS「米国道路安全保険協会」は、2021年度「最高レベルの安全性を提供する車両」 トップSAFETY ピックプラスを発表。

昨年のトップSAFETY ピックプラス賞を受賞した数の、2倍以上である 49のモデルが受賞しました。

 

すべてのメーカーの中で、Hyundai、キア、Genesisブランドを含むHyundaiモーターグループは、2021年の賞を最も多く獲得。

 

しかし高級車ばかりに、安全性を重んじる点が気にかかります。

 

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

スポンサーリンク

日本車の安全性に追いつけない韓国車の技術!IIHS「米国道路安全保険協会」

IIHS「米国道路安全保険協会」は、2021年度「最高レベルの安全性を提供する車両」 トップSAFETY ピックプラスを発表。

さらに41台の車両がトップ SAFETY ピック「プラスなし」を獲得、2020年2月の64台に対し、2021年の受賞者の総数は90台になりました。

IIHSの社長であるDavid Harkey氏は「これらの賞により、消費者が衝突時の優れた保護、視認性に優れたライト、効果的な前面衝突保護を提供する車両を、簡単に見つけられるようにしたいと考えています」と述べています。

さらに「メーカーはこの課題に対応するためにステップアップし、今年は優れたオプションのリストが印象的なサイズに増えました。」と続けています。

トップ SAFETY ピックプラス、トップ SAFETY ピック「プラスなし」どちらの賞も、6つのIIHS耐衝撃性テスト(運転席側と助手席側の小さなオーバーラップフロント、ちゅう程度のオーバーラップフロント、サイド、ルーフ強度、ヘッドレスト)すべてで優れた評価を必要とします。

受賞するモデルは、車両から車両への評価と車両から歩行者への評価の両方で優れた、または高度な評価を獲得するフロントクラッシュ防止を備えている必要があります。

「トップ SAFETY ピックプラス」「トップ SAFETY ピックプラスなし」を含めた、2021年の受賞者の総数は90台。

 

日本車の安全性に追いつけない韓国車の技術!金持ち優先の安全性能

すべてのメーカーの中で、Hyundai、キア、Genesisブランドを含むHyundaiモーターグループは、2021年の賞を最も多く獲得。

12の「トップ SAFETY ピックプラス無し」と6つの「トップ SAFETY ピックプラス」です。

しかし日本車は、最高レベルの安全性「トップ SAFETY ピックプラス」受賞車が韓国車の約5倍の「28台」!


しかも、韓国車は「トップ SAFETY ピックプラス」受賞車のほとんどが「高級車」ブランドのジェネシス。


ジェネシスGV80は、「タイガーウッズ選手」の事故で有名になったSUV。


高級車ばかりに、安全性を重んじる点が気にかかります。

日本車の安全性に追いつけない韓国車の技術!トップSAFETY受賞車

それでは、トップ SAFETY ピックプラスを受賞した車をクラス別に見ていきたいと思います。

 

トップセーフティピック・プラス 「小型車」部門


2021ホンダ・インサイト4ドアセダン

 


2021マツダ3 4ドアハッチバック

 


2021マツダ3 4ドアセダン

 


2021スバルXVハイブリッド 4ドアワゴン、計4台。

トップセーフティピック・プラス 「中型車」部門

 


2021ホンダアコード 4ドアセダン

 

2021起亜K5 4ドアセダン

 


2021マツダ6 4ドアセダン

 


2021日産アルティマ 4ドアセダン

 

2021日産マキシマ 4ドアセダン

 


2021スバル・レガシィ 4ドアセダン

 


2021スバル・アウトバック 4ドアワゴン

2021トヨタ・カムリ 4ドアセダン 計8台。

トップセーフティピック・プラス 「中型高級車」部門

 

2021ホンダ・アキュラTLX 4ドアセダン

 

2021レクサスES350 4ドアセダン

 


2021レクサスIS 4ドアセダン

 


2021テスラモデル3 4ドアセダン

 


2021ボルボS60 4ドアセダン

 


2021ボルボS60リチャージ 4ドアセダン

 


2021ボルボV60 4ドアワゴン

 


2021ボルボV60クロスカントリー 4ドアワゴン

2021ボルボV60リチャージ 4ドアワゴン 計9台。

トップセーフティピック・プラス 「大型高級車」部門

2021アウディA6 4ドアセダン

 


2021アウディA6 オールロード 4ドアワゴン

 


2021アウディA7 4ドアハッチバック

 


2021ジェネシスG70 4ドアセダン

 


2021ジェネシスG90 4ドアセダン

 


2021ボルボS90 4ドアセダン

 


2021ボルボS90 リチャージ4ドアセダン

 


2021ボルボV90 4ドアワゴン

 


2021ボルボV90クロスカントリー 4ドアワゴン 計9台。

トップセーフティピック・プラス 「小型SUV」部門

2021マツダCX-3 4ドアSUV

 


2021マツダCX-30 4ドアSUV

 


2021マツダCX-5 4ドアSUV

 


2021日産ローグ「日本名エクストレイル」 4ドアSUV

 


2021スバル・フォレスター 4ドアSUV

 


2021ボルボXC40 4ドアSUV 計6台

トップセーフティピック・プラス 「中型SUV」部門。


2021フォード・エクスプローラー 4ドアSUV

 


2021ヒュンダイ・パリセード 4ドアSUV

 


2021マツダCX-9 4ドアSUV

 


2021日産ムラーノ 4ドアSUV

 


2021スバル・アセント 4ドアSUV

 


2021トヨタ・ハイランダー 4ドアSUV 計6台。

 

トップセーフティピック・プラス 「中型高級SUV車」部門

2021ホンダ・アキュラRDX 4ドアSUV

 


2021アウディQ5 4ドアSUV

 


2021アウディQ5スポーツバック 4ドアSUV

 


2021キャデラックXT6 4ドアSUV

 


2021ジェネシスGV80 4ドアSUV。この車種は、先日タイガーウッズ選手の事故で全世界で有名になりました。

 


2021ヒュンダイ・Nexo 4ドアSUV

 


2021レクサスNX 4ドアSUV

 


2021メルセデスベンツ・GLEクラス 4ドアSUV

 


2021ボルボXC60 4ドアSUV

 


2021ボルボXC60リチャージ 4ドアSUV

 


2021ボルボXC90 4ドアSUV

 


2021ボルボXC90リチャージ 4ドアSUV 計12台。

トップセーフティピック・プラス 「大型SUV車」部門

2021アウディe-tron 4ドアSUV

 


2021アウディe-tronスポーツバック 4ドアSUV 計2台。

トップセーフティピック・プラス 「ミニバン車」部門/

2021ホンダ・オデッセイ ミニバン

 


2021トヨタ・シエナ ミニバン 計2台。

 

日本車の安全性に追いつけない韓国車の技術!まとめ


「TOP SAFETY PICK +」と、「TOP SAFETY PICK プラス無し」どちらの賞も、獲得できなかった自動車メーカーは、残念ながら「三菱」だけになります。

 


このグラフは、2019年世界自動車メーカー販売台数トップ5になります。


韓国、起亜自動車を傘下に持つ、現代自動車グループは輝かしい「世界自動車販売台数5位」


しかし韓国車は、最高レベルの安全性を持つ「TOP SAFETY PICK +」受賞車はわずか「6台」


それに対し日本車は、TOP SAFETY PICK +」受賞車が韓国車の約5倍の「28台」!


しかも、韓国車は「トップ SAFETY ピックプラス」受賞車のほとんどがジェネシスなどの「高級車」部門。

ジェネシスGV80は、「タイガーウッズ選手」の事故で有名になったSUV。


販売台数に比べ「TOP SAFETY PICK +」受賞車が少なく、また、高級車ばかりに、安全性を重んじる点が気にかかりますね、、、。

コメント

タイトルとURLをコピーしました