スポンサーリンク

【画像有】米国テストで露呈!ヒュンダイ、KIAの自動ブレーキ性能が酷い

トレンドニュース
スポンサーリンク

米国道路安全保険協会は、米国の歩行者にとって最悪の日として一貫してランク付けされているハロウィーンに向けて、16台の中型車の歩行者衝突防止システムを評価しました。

米国テストで露呈!ヒュンダイ、KIAの自動ブレーキ性能が酷い

4台の高級車と2台の非高級中型車は、歩行者の衝突防止システムで優れた評価を獲得していますが、4台の非高級車は基本的な評価のみを獲得しているだけです。

スポンサーリンク

米国テストで露呈!現在の自動ブレーキ・システム

歩行者の年間死亡者数は、2009年に最低点に達して以来、53%増加しています。2018年には6,000人以上の歩行者が死亡しました。

 

2013年から2017年の間に、歩行者にとって1年で最も致命的な2日は、平均して10月31日と11月1日(またはハロウィーンの真夜中以降)。

テクノロジーはソリューションの一部である可能性があります。

 

多くのメーカーは、他の車両に加えて、歩行者を認識するために2022年までに設置することに同意した自動緊急ブレーキシステムをアップグレードしています。

 

これらのシステムは前方の経路をスキャンし、自動的にブレーキをかけて、車道で人にぶつからないようにします。

 

IIHS(米国道路安全保険協会)が評価した車両の約3分の2には、2019年の歩行者検知が含まれており、多くの場合、標準装備されています。

 

今回のテストで評価された車両の中で、歩行者の衝突防止は、6台の高級車すべてと10台の非高級車のうち6台に標準装備されています。

 

それらが正しく機能する場合、そのようなシステムは悲劇を回避するのに役立ちます。

米国テストで露呈!SubaruのEyeSightシステム

2017年のHighway Loss Data Instituteの分析によると、歩行者検知機能を備えたSubaruのEyeSightシステムは、システムを備えていない同じ車両と比較して、歩行者関連の保険金請求の可能性を35%削減しました。

ほとんどの歩行者衝突防止システムは、バックミラーの近くに取り付けられた1台または2台の前向きカメラ、および/またはフロントグリルのレーダーセンサーを使用して、車両の進路に入る準備ができている歩行者を車道でスキャンします。

 

アルゴリズムは、検出されたオブジェクトが歩行者であるかどうかを判断します。場合によっては、自転車や動物も認識できます。

 

ソフトウェアが衝突が差し迫っていると計算した場合、ドライバーに警告し、人間が反応するよりも速くブレーキをかけます。

 

システムのパフォーマンスは大きく異なり、最新のIIHSレーティングが示しています。

米国テストで露呈!優秀なシステムと、そうでないシステム

アウディA4、BMW 3シリーズ、メルセデスベンツCクラス、日産マキシマ、スバルアウトバック、ボルボS60には、優れたレーティングを獲得するシステムがあります。

彼らは衝突を回避するか、トラックテストで大幅に減速しました。

 

スペクトルの反対側では、フォードフュージョン、ヒュンダイソナタ、起亜オプティマは、複数のシナリオで大幅に減速できなかったため、クレジット(得点)を獲得していません。

 

Cクラス、3シリーズ、シボレーマリブは、それぞれ2つの異なる歩行者衝突防止システムを提供します。

 

Cクラスでは、オプションのシステムが優れた評価を獲得し、標準のシステムが基本的な評価を獲得します。

 

BMW3シリーズでは、標準システムは驚くほど高い評価を獲得しますが、より高価なオプションシステムは高度な評価を獲得します。

 

マリブのオプションシステム(カメラのみとカメラとレーダー)の両方が基本的な評価を獲得します。 テストについて IIHSは、2月に歩行者評価を開始しました。

 

テストの最初のラウンドでは、11台の小型SUVのうち4台が優れた評価を獲得し、別の5台が高度な評価を獲得しました。

米国テストで露呈!現在のテスト方法は?

IIHSは、3つのシナリオでパフォーマンスをテストします。

大人の歩行者が、遮るもののない視界で対向車の進路を通りに足を踏み入れる、子供が2台の駐車中の車の後ろから通りに突進する、大人の歩行者が道路の脇にある交通の反対側を向いた走行車線。

2つの垂直テストは時速12マイルと25マイルで実施され、歩行者が車両と平行な経路を歩くことをシミュレートするテストは時速25マイルと37マイルで実施されます。

 

これらの各テストでは、歩行者のダミーにぶつからないように、システムが車を停止するのに1〜2秒かかります。

各テストは、乾いた舗装路で日中行われています。

 

システムは、歩行者の死亡者のほとんどを占める夜間の時間帯にはうまく機能しない可能性がありますが、パフォーマンスの高いヘッドライトと組み合わせると、歩行者を検出できるはずです。

 

米国テストで露呈!テスト結果まとめ

米国テストで露呈!ヒュンダイ、KIAの自動ブレーキ性能が酷い

中型車の歩行者衝突防止評価: 優

  • 2019アウディA4
  • 2019-20 BMW3シリーズ
  • 2020スバルアウトバック
  • 2019-20メルセデスベンツCクラス*
  • 20 19-20日産マキシマ(2019年はオプション/ 2020年は標準)
  • 2019ボルボS60

中型車の歩行者衝突防止評価: 優・高度

  • 2019-20 BMW3シリーズ*
  • 2019-20ホンダアコード
  • 2019-20レクサスES350
  • 2019マツダ6
  • 20 19-20日産アルティマ
  • 2019-20テスラモデル3
  • 2019-20トヨタカムリ ベーシック
  • 2019-20シボレーマリブ*
  • 2019-20メルセデスベンツCクラス

中型車の歩行者衝突防止評価: クレジット(点数0)なし

  •  2019-20フォードフュージョン

  • 2019ヒュンダイソナタ*

  • 2019 Kia Optima * *オプションのセーフティパック

コメント

タイトルとURLをコピーしました