スポンサーリンク

ホンダ新型ヴェゼル全部見せ!『Newヴェゼルvs日産キックス』対決で分かった長所と短所!!

クルマのニュース
スポンサーリンク

2021年4月に、発売されるホンダ新型「ヴェゼル」が注目を集めています。

 

今回、コンパクトSUV市場で人気のニッサン・キックスと比較してみましたので、報告したいと思います。

スポンサーリンク

ヴェゼル全部見せ!ヴェゼル・インテリアエクステリア

2014年に登場した「ヴェゼル」は、日本自動車販売協会連合会、発表の登録車販売台数ランキングで、2014、15、16年と、2019年、4度のSUV販売台数ナンバー1を獲得。

今回発売される、新型ヴェゼルの詳細データーは明らかになっていませんが、現行ヴェゼルの、全長4.33×幅1.77×高さ1.6mから大きく変更しないとホンダでは説明しています。


NEWヴェゼルは、立体感のあるボンネットやシャープなLEDヘッドライト、ボディ同色のルーバーグリルなど、堂々としたスタイルを採用、車格以上の存在感を放っています。

リア・デザインも一新、横一直線のリアコンビネーションランプで、先進的なデザインです。

また、「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」の搭載グレードを用意、内装は水平基調のインパネで視界を確保、柔らかなソフトパッドを配置、シートの素材にこだわるなど、心地よい空間が広がります。


また、大きな「パノラマルーフ」を装備したグレードも準備。


日差しの熱の大幅にカットするLow-Eガラスを採用し、開放感のある室内を実現。

ヴェゼル全部見せ!日産キックス・インテリアエクステリア


ニッサン・キックスのサイズは、全長4.29×幅1.76×高さ1.61mとヴェゼルとほぼ同等。

キックスのエクステリアは、ダブルVモーショングリルを装着、フローティングルーフやシャープな形状のLEDヘッドライトなど、力強くスタイリッシュなデザインです。


キックスのインテリアは、肌触りの良いシートやインパネなどに上質さを感じさせるダブルステッチを採用。


ハンドルは、操作性の良いDカット型。また本革巻を採用することで、スポーティさを強調しています。


また、同クラストップのフロントウィンドウ見開き角と、低いウエストラインにより、開放感ある視界を実現。

ヴェゼル全部見せ!ホンダ新型ヴェゼルのパワートレーン


ホンダ新型ヴェゼルは、1.5リッターのガソリン車と1.5リッターハイブリッドを採用。

メインとなるハイブリッド車には、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載。


エンジン走行とモーター走行を状況に応じて切り替えることでスムーズな走りから、
安定感のある走り、電動感ある突き抜ける走りまでカバーします。


駆動方式は2WDと4WDが用意され、4WDには「リアルタイムAWD」を採用。

e:HEV車のリアルタイムAWDは、全輪に最適な駆動力配分を行うことで、悪天候や雪上走行においても安定したドライビングを可能にしています。

ヴェゼル全部見せ!ニッサン・キックスのパワートレーン

ニッサン・キックスは、1.2リッターハイブリッドに駆動方式は2WDというシンプルな構成です。


キックスのグレードは「X」と「X ツートンインテリアエディション」のふたつ。


ハイブリッドシステムは「ノート」や、「セレナ」にも搭載される「e-POWER」を採用。


「e-POWER」は、ガソリンエンジンで発電した電気でモーターを駆動するシリーズハイブリッドという方式です。

キックスでは「e-POWER」の最大出力を、従来より約20%向上させています。

ヴェゼル全部見せ!ホンダ新型ヴェゼルの安全装備

最後に、先進安全装備について見てみます。


ホンダ・ヴェゼルは、全グレードに「ホンダセンシング」を標準装備。


広角カメラと高速画像処理チップを採用し、現行型に比べ機能が進化しているそうです。


後方誤発進抑制機能や近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビームが新設定。


また、アダプティブ・クルーズコントロールに、渋滞追従機能を追加。


さらに、グレード別装備として、これまで上級車種にしかなかったフロント・リア・左右の映像を映す「マルチビューカメラシステム」、斜め後方の車両を感知する「ブラインドスポットインフォメーション」を採用しています。

ヴェゼル全部見せ!ニッサン・キックスの安全装備


ニッサン・キックスの安全装備には、好評の「プロパイロット」が全車に装備。


ミリ波レーダーによって、遠くの先行車の状況を検知、スムーズな制御を行いドライバーをアシスト。


前方の状況を監視、車や歩行者との衝突回避や被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」などを標準装備。


さらに、事故時の自動通報、あおり運転などの緊急事態に手動で通報する「SOSコール」も全車標準装備となります。


4月に発売される予定の、新型ヴェゼル!発売が楽しみですね!

ホンダ新型ヴェゼル全部見せ!『Newヴェゼルvs日産キックス』対決で分かった長所と短所!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました