スポンサーリンク

【米国・2021年】最高の安全性評価と衝突防止機能を備えた最も安全なSUVを公開!

クルマのニュース
スポンサーリンク

アメリカの時事解説誌として、3番目の発行部数を誇るUSニューズ&ワールド・レポートはIIHS(アメリカ道路安全保険協会)と、NHTSA(アメリカ運輸省道路交通安全局)の衝突試験の評価と、事故を防ぐための運転支援機能に基き2021年の最も安全なSUV車としてランク付けを発表。

 

そのトップ10に入った、10台のSUV車をご紹介します。

【米国・2021年】最高の安全性評価と衝突防止機能を備えた最も安全なSUVを公開!
スポンサーリンク

【2021年】最も安全なSUV10位

10位 リンカーン・アビエーター

 

2021年モデルの、リンカーン・アビエーターはバランスの取れた中型SUV車。

フォードエクスプローラーと、基本的に同じプラットフォームながらとても、豪華なインテリアとなっています。

 

この車は、多くの安全機能を持っており、前方衝突警告、歩行者検知機構付き緊急ブレーキ。

ブラインド・スポットモニタリング及び警告、車線逸脱の維持及び、ドライバーの居眠りを監視。

 

サラウンドビュー・パーキングカメラシステム、ヘッドアップディスプレイなどのオプション、ベンディングヘッドライトと、ステアリング回避アシスト機能を持ち、IIHS米国道路安全保険協会の安全性最高評価を獲得。

また、IIHSの衝突テストでも良好なパフォーマンスを発揮しています。

【2021年】最も安全なSUV9位

9位 メルセデスベンツGLC

GLCは、セダンモデルのCクラスをベースにした、メルセデスの高級コンパクトSUV。

大柄のドライバーでも、ゆったりとした運転席を確保しています。

GLCのステアリングは、パワーチルト機能でドライビングポジションを合わせることが出来ます。
GLCは、豪華な革張りの室内空間で、乗員を包み込んでくれます。

GLCに標準装備される、安全機能は、衝突警報と、緊急自動ブレーキ、自動ブレーキシステムは、時速104.6Kmまで作動します。

移動中の車は、静止している物体を認識、時速50Kmまでシステムは警告表示します。
衝突の危険が迫ると、三角形の警告灯が表示されます。

標準で搭載されるアクティブブレーキアシストは、前方の車両や歩行者を探知し、緊急時にブレーキを強力にアシスト衝突を回避します。

2020年モデルの、GLCはNHTSA(米国運輸省道路交通安全局)のサイドクラッシュテストで、5つ星のうち5つ星を獲得。

ロールオーバーテストでは、5つ星のうち4つ星を獲得しました。

【2021年】最も安全なSUV8位

8位 ボルボXC90

かっては銀行の金庫室の様な質実剛健、豪華さを抑制していたスウェーデンのボルボ。
現在では、新世代のモダンなデザインの車として知られています。

2020年モデルは、燃費も良く、素晴らしいデザインです。
ボルボ車は、最新の安全機能が豊富に標準装備されています。

xc90にはアダプティブクルーズコントロールが標準装備。
ドライバーの死角をアシストする緊急ブレーキなど、高度のドライバーアシスト機能を持っています。


優れた、半自動運転システムがフロントクラッシュ防止効果を発揮、IIHS(米国道路安全保険協会)のテストで、5つ星の満点を獲得しました。

ロールオーバーテストでは、5つ星のうち4つ星を獲得。
IIHS(米国道路安全保険協会)は、ボルボ2021年XC90にトップセーフティピックプラスを授与しました。

【2021年】最も安全なSUV7位

第7位 ホンダ・アキュラMDX

アキュラMDXの2020年モデルには、優れた燃費効率を持つエンジンが搭載されています。
自動ハイビーム・リアビューカメラが標準装備されています。

ドライバーへ逸脱の危険を知らせ、車線逸脱を回避するようステアリング操作を支援。
衝突軽減ブレーキ(CMBS)は、衝突回避または被害軽減を支援。

NHTSA(米国 運輸省道路交通安全局)の、衝突試験で5つ星を獲得。
また、IIHS(米国道路安全保険協会)の安全評価カテゴリでも、フロントクラッシュ防止テストで優れた性能を発揮しました。

【2021年】最も安全なSUV6位

第6位 アウディ Q3

Q3は、贅沢さを詰め込んだ快適なSUV。
比較的コンパクトなボディに、優れたスタイルと実用性伝統的なアウディの持つ品質を融合させています。

敏捷性としっかりした感覚を扱う、控えめなインテリアデザイン。

運転位置が大幅に改善され、後部座席は、荷室とのスペースを最適化する為、スライド出来る様になりました。

Q3は、IIHS(米国道路安全保険協会)衝突試験すべてで最高の評価を獲得しました。
Q3には「アウディプレセンスベーシック」が標準装備。

システムが事故の危険を察知すると、前席のシートベルトを電動モーターで巻き上げたり、大きな横滑りを検知したときは、サイドウインドーやスライディングルーフウインドウを閉じ、乗員の車外放出や、飛散物の車内への侵入を防ぎます。

【2021年】最も安全なSUV5位

第5位 メルセデスベンツGLA

メルセデスベンツGLEは、2020年に再設計されました。
室内はとても豪華で、優れた安全性評価も獲得しています。

GLEのハイテク安全機能であるアクティブブレーキ、リアビューカメラのブラインドスポットモニタリングはドライバーを支援します。


また、パーキングアシストセンサーとメルセデスプレセーフが標準装備。
衝突を回避できないと検知すると、シートベルトを巻き上げ窓を閉め車両に搭載しているスピーカーから、短時間特定のノイズを発生。

衝突の瞬間に、耳をふさぐような効果をもたらします。

【2021年】最も安全なSUV4位

第4位 キャデラックXT5

キャデラックXT6の2020年モデルは高評価を獲得。

 

自動ブレーキ・歩行者検知及び、パーキングセンサー、また、若年層のドライバーを保護するティーンドライバーシステムがが搭載。

設定で、フロントシートの乗員が安全ベルトを着用するまで、オーディオ機能をミュートする。

時速64Kmから、121kmの間で速度制限させる。
安全機能を自動的にオンにし、無効にできないようにする機能です。

【2021年】最も安全なSUV3位

第3位 リンカーン・コルセア

この車は、フォードエスケープと、プラットホームを共有する小さなSUVですが、コルセアの方がより高級感があります。

整ったインテリアの快適な乗り心地と、活気あるエンジンのおかげで、リンカーンブランドのMKCに代わるニューモデル。

このSUVに多くの安全機能が搭載されています。

自動ブレーキやブラインドモニター監視、自動ハイビーム等が装備。
IIHS(米国道路安全保険協会)の、「トップ セーフティー ピック」を獲得。

運転支援システムは、車線維持機能や衝突防止アシスト、自動死角検知機能といった機能で構成される「リンカーン コ・パイロット360」を採用。

さらに360度カメラやアクティブパークアシスト、ステアリングアシストといった先進機能を含む「リンカーン コ・パイロット360プラス」も導入されました。

【2021年】最も安全なSUV2位

2位 ボルボXC60

ボルボの伝統的なインテリア設計は、先進的なインターフェイスを手に入れた新しいXC60にも受け継がれています。

IIHS(米国道路安全保険協会)は、最高評価「トップ セーフティー ピック+」の称号を与えています。

ミリ波レーダーとカメラを使用し、他の車両や歩行者、サイクリスト、大型動物と衝突の危険がある場合、警告やブレーキを作動させ、衝突の回避または被害軽減を支援します。

また、交差点右折時の対向車の動きを監視、必要に応じてブレーキを作動させる右折時対向車検知機能、対向車線から進入してきた車両との衝突被害を軽減する対向車対応機能も備わっています。

【2021年】最も安全なSUV1位

1位となったのは、アウディe-tron

新たな時代のアウディとして注目が集まるアウディ史上初の電気自動車e-tron。
2020年のアウディが提供する高級SUV。

途切れのないリニアな加速性能。そして上質な走行性能と静粛性がもたらすドライビングコンフォート。

アウディプレセンスシティは、約10km/h – 85km/h で走行中、システムが車載カメラからの情報をもとに先行車や歩行者に衝突する恐れがあると判断すると警告や衝突被害軽減ブレーキを作動。

40km/h 未満で走行中の場合は、フルブレーキにより衝撃を軽減するよう働きます。

e-tronは、IIHS安全評価全体でベストスコアを獲得。
また、NHTSA(米国 運輸省道路交通安全局)からも、5つ星の満点評価。

Audi e-tron Sportbackは、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー「2020-2021 テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました