スポンサーリンク

NGはウソ阿部寛、ホラーに出ていた!他にもあったNG番組

トレンドニュース
スポンサーリンク

イケメンで迫力のある演技、そして特徴のあるしゃべる方で大人気の阿部寛さん。昨日は、テレビのバラエティー番組で「ホラーは絶対断ってる!」とお話されていました。男らしい阿部寛さんの意外な一面が見れて、とっても楽しいトークでしたね!

そんな阿部寛さん、調べてみるとあの超有名なホラーに出演されていたんです!!また、ホラー以外にも、絶対出演NGのテレビ番組がある事も分かりましたので報告したいと思います。

スポンサーリンク

まずは阿部寛さんの、ウィキ的プロフィールから

名前:あべ ひろし 阿部 寛

生年月日: 1964年6月22日(現在55歳)

出生地 :神奈川県横浜市神奈川区

身長 :189 cm

血液型 :A型

 阿部寛さんは3人兄弟の末っ子として生まれ、最終学歴は中央大学理工学部電気工学科(現在の電気電子情報通信工学科)卒業となっています。大学在学中の1985年に、お姉さまに勧められて優勝賞品である車欲しさに?『集英社・第3回ノンノボーイフレンド大賞』に応募し優勝されました。

以降は、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』などのカリスマモデルとして活躍されました。 実は、阿部寛さん、モデル人気絶頂期に投資用に購入されたマンションがバブル崩壊による不動産価値下落し、大借金を抱えることとなったそうです。

阿部寛さんはその類まれなる素晴らしい容姿を生かし、カリスマモデルとして活躍はされていましたが、その頃はモデルとしての人気も低迷し苦しい時期を耐えられた様です。その後、俳優として1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビューされました。

しかし、俳優を主として活動するもファッションモデル出身とイケメンの顔立ちから、当時はありきたりな二枚目の役しか与えられなかったそうです。また、背が高すぎるために当時の女優さんとのツーショットが撮りにくいという問題が浮上したのもドラマの仕事が減っていった理由の様です。

一念発起されたのは、かつての有名人を捜索するバラエティ番組『あの人は今!?』の取材で捜索対象になってしまったからだそうです(笑)。その後は、名前のつかない端役にもかかわらず出演を希望されて、現在の『主役級・俳優』の座を築かれています。

なんといっても、阿部寛さんの地位を不動のものにしたのは2000年に、仲間由紀恵さんと共演したドラマ『TRICK』でしょう。また、2006年のテレビドラマ『結婚できない男』での演技では、上半期『FNSがんばった大賞』を受賞されています。

実は、阿部寛さん2007年公開の映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』に出演れた時の舞台挨拶で、「最近になり(バブル時代の数億円)借金を返し終えた」そうで約20年かけての完済されたそうです!

私生活では、2008年に15歳年下の一般女性との結婚され、阿部さんが47歳の2011年に第1子である長女と、48歳の2012年には第2子の次女を授かっています。結婚会見のさいは「 結婚できない男が結婚しました!」と言って会場の笑いを誘っていたらしいですよ(笑)。

阿部寛さんが、出演されたホラーはあの人気シリーズだった

先日のテレビ番組では「ホラーは怖いので、絶対NG、出ない」宣言をされていた阿部寛さんですが、あの国民的人気ホラーシリーズいわいる『本こわ』つまり2003年9月5日放送の『ほんとにあった怖い話 』に出演されていたんです!ドラマの内容は以下の様なものでした。

「真夜中の徘徊者」…

小山邦弘(阿部寛)と岩崎知也(塚地武雅)は、共に健康診断の結果が思わしくなく会社の命で否応なしに二泊三日の断食ツアーに参加することになった。まるで怪談に出てきそうな山奥の廃校を見て、二人はうんざりするが、邦弘は、ツアーの担当の水野八重子(石橋けい)が若くて綺麗なのを見て少々やる気になるのだった。とはいえ、好きな煙草はそう簡単にやめることもできず、一人トイレの個室に籠ると一服しはじめた。すると…きゅるきゅるきゅる…何だろう、車輪の軋むような音が聞こえてきたのだ。邦弘は飛び出してその正体を確かめた。薄暗くなった廊下の先には車椅子のようなものを押して歩く女が曲がっていくのが見えた。翌日、邦弘は体育倉庫を掃除中にシルバーリングを拾った。指輪には男女の名前が刻まれていた。「昔、ここの裏手にあった病院のナースが、婚約指輪を失くしてしまったことで婚約者との中がこじれ、その後自殺してしまった。そのナースが今でもなくした指輪を探しているのでは…」八重子は、そんな噂があることを邦弘に打ち明けた。「…まさか…そんなバカな…」邦弘は、指輪を戻すために、一人深夜の体育館へとやってきた。すると…そこにまたあの音が響いてきた…きゅるきゅるきゅる…。

http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-36931
ほんとにあった怖い話 「真夜中の徘徊者」1

しかし、よくよく調べてみると阿部寛さんがホラーNGとなったのは15年ほど前の実体験が原因らしく、番組内では以下のように話されていました。

10月2日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』に阿部寛が出演した。

番組の中で阿部寛は、「俺が思っているのは、必ずそういう(霊的な)ものっていうのは、馬鹿にしてはいけない」と、15年前に体験したという『心霊エピソード』を語る場面があった。

阿部寛は「ある旅館で、一番奥のトイレになんか『昔からいるんですよ』ってそのスタッフの、勤めてる人から言われて。で、たまたま3人でそこを見に行って、『うわー、なんだあそこか』みたいな事を」と旅館のスタッフから話に聞いたトイレを見に行ったと説明。

続けて、「そしたら、それからものの1分2分で、突然廊下を歩いてたら、気持ち悪くなったんだよ」「それで、急に嘔吐。過去そういうの全くないんですよ」と突然不調に見舞われたと明かした。

「うわやべえと思って。『ごめんなさい』」「そこまで行って。『すみません』って謝って」と、先ほどの場所に戻り謝罪し「それから二度とそういうとこはいかないようにしてる」と語った。

これにTOKIO・国分太一は、「そもそも霊感みたいなの強いってことですか?」と聞くと阿部は「全くないんだけど、そういうものは」「遊び心でやっちゃいけない」と答え、続く「シンプルに怖いっていう事なんですか?」という質問にためらいがちに頷いてスタジオの笑いを誘った。

https://e-talentbank.co.jp/news/113223/

ドラマ出演は、ちょうどこの体験の少し前と考えると上記の経験から『ホラー出演NG』となったのかも知れませんね(笑)。

もうひとつあった阿部寛さんの『出演NGジャンル』とは

実は、阿部寛さんもうひとつ『出演NG』ジャンルを告白されています。それは、2016年11月16日放送の今回と同じ『TOKIOカケル(フジテレビ)』で、阿部寛さんが出演NG番組を明かされています。阿部さんはTV番組では、いつもサービス精神旺盛で楽しいですね!

当時TOKIOの山口達也さんから「NGにしている仕事はありますか?」と聞かれると、阿部さんはしばらく考えて「やっぱクイズ番組」と答えられました。 実は、過去に出演したクイズ番組で共演されたお笑い芸人さんの「ブチ込んでくる」意気込みに圧倒され、また見られていることなどありボタンを押すのにも、色々考えてしまったそうです。

そんな時に、「北海道で時計台が有名な都市はどこ?」のクイズに、阿部さんは何故か「名古屋」と答えてしまったそうです(笑)。あとで自身の姿をテレビで見た阿部さんは「自分の馬鹿さ加減に唖然としました(笑)」と告白されました。

自分のVTRを見ながら、『こいつ馬鹿だな(笑)』などと自分自身にさんざんツッコみを入れてしまったそうで、これは『視聴者の目線だ』と気付いた阿部さんは「これは駄目だな」と思ったとの事で、それ以来クイズ番組への出演は控えるようになったそうです(笑)。

まとめ

いつもバラエティー番組などでは、そのイケメンぶりからは想像出来ない楽しいトークをしてくれる阿部寛さん。「下町ロケット」で見せる熱い男、父親のイメージから「結婚できない男」や「トリック」でのコミカルな役柄まで、素晴らしい演技を見せてくれる阿部寛さん。

サービス精神が素晴らしすぎて、ついついトーク番組では面白いエピソードを話してくれるところも人間味があって親しみが持てますね!これからも阿部寛さずっとずっと応援していきたいと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました