スポンサーリンク

【画像】佐々木希は元ヤン!新体操で高校推薦も父自殺で中卒!暴力と恐喝の黒歴史

トレンドニュース
スポンサーリンク

ソース画像を表示

連日話題をさらっている、グルメ王アンジャッシュの渡部建さんの不倫報道。なんと『多目的トイレ』で行為など数々の内容に、今、奥様「佐々木希」さんの行動にも注目が集まっています。

関心はもっぱら「渡部建さんと佐々木希さんは離婚するのか?」とう事です。その様ななか、先日、佐々木希さんは自身のSNSを更新され、『夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います』とコメントされました。

【画像】渡部建に文春砲!不倫相手と鑑賞プレイ?!佐々木希が不倫相手に警告?

現在、SNS上では佐々木希さんを応援するツイートが多く見られます。 そのことからも、佐々木希さんはから世間から多くの好感度を獲得していることがわかりますね。

ただ、ネット上では「佐々木希」、「元ヤン」、「恐喝」など、佐々木希さんのイメージから程遠い検索ワードが多く見られます

今回、佐々木希さんの中学生時代の画像や、地元での知人の証言など集めてみましたので報告したいと思います!

スポンサーリンク

佐々木希は元ヤン!最終学歴は高校では無く中学校だった

佐々木希さん 中学校の卒業アルバム

佐々木希さん 中学校の卒業アルバム

佐々木希さん 中学校 1年生の頃

佐々木希さん 中学校 1年生の頃

佐々木希さんは以前ネット上で、『金足農業高等学校』出身と騒がれた事があります。

調べてみたところ、これはまったくの勘違いでした。2018年の「夏の甲子園大会」で佐々木希さんの出身である「秋田県」の『秋田県立金足農業高等学校』が準優勝したさい、自身のSNSで祝辞をのべた事で、勘違いされた様です。

所属事務所は本紙の取材に「佐々木は金足農の出身ではありません。通っていたこともありません。他にも多くのお問い合わせをいただいており、びっくりしています。」と答えた。(夕刊フジ)

佐々木希さんが、高校への進学をあきらめたのはいくつかの理由があったと言われています。

「地元で取材したことがあるんですが、佐々木は家庭の事情で高校には行ってません。高校には行かず、秋田駅前のショップでバイトしていたところスカウトされ、芸能界入りしました」(週刊誌記者)

佐々木希が高校への進学をあきらめたのは、新体操で挫折したから?

佐々木希 新体操

佐々木希さんは2000年春に『秋田市立飯島中学校』へ入学、2003年に卒業しています。

佐々木希さんは中学校で新体操部に所属していました。すでに8歳の頃から新体操をはじめ、得意種目は「こんぼう」。 佐々木希さんは中学校でも練習を重ね、その実力は、高校への「スポーツ推薦」を、受けられるほどだったそうです。

ソース画像を表示

また、秋田県大会では上位入賞する実力者。 その経験からか現在でも、CMでもきれいな180度開脚を披露しています。

そんな新体操を諦めなければならない事件が起こります。それは佐々木希さんが中学2年生の時。

新体操の練習中に、突然「喘息の発作」で倒れ、かかりつけのお医者様から「激しい運動の制限」を受けたからだそうです。 突然の競技人生の終わりと挫折が、高校への進学断念という道を選ぶ一つの原因になったと考えられます。

佐々木希が高校への進学をあきらめたのは、父親が自殺したから?

佐々木希さんのお父様は、亡くなられる前は運送業の「赤帽」を営まれていたようです。しかし、中学生の時に不慮の事故でお父様は亡くなられています。

佐々木希さんのお父様は、運送業「赤帽」をされるまで就職先を転々とされていた様です。しかし、赤帽の仕事中、交通事故に遭ってしまったそう。

その事故後、きな後遺症が残った佐々木希さんのお父様は、鬱(うつ)病になってしまったようです。 将来を悲観したお父様は自殺をされてのではないかと言われています。

新体操を断念しスポーツ推薦が受けれなくなった事、父親が亡くなって経済的に進学は難しいと判断した事が重なり、中学卒業後は社会人への道を歩む事になった様です。

佐々木希は元ヤン!美貌が災いしてヤンキーに?暴力と恐喝の黒歴史

ソース画像を表示

8年間続けてきた新体操の挫折、父親が他界(自殺)、母親は働きづめ、色々な事が重なったからでしょうか。 佐々木希さんは中学校時代から、地元では有名な「ヤンキー」と呼ばれる様になります。

「もともと地元でも評判になるくらいの美人で、スタイルもいい。当然、周りが放っておくはずがなく、悪い先輩たちと遊んでいるうちに彼女もどんどんヤンキーになっていったようです」(アサヒ芸能)引用元:【芸能界エリートヤンキー伝説(1)佐々木希が秋田の祭で髪切りデスマッチ!(アサ芸プラス)】

ソース画像を表示

また、2010年10月14日発行の『週刊文春』では、上京前の佐々木希さんについて、17歳当時の地元タウン誌表紙を掲載して、地元の同級生の声を掲載しています。

“秋田時代”の彼女について、地元の同級生への取材で

《いつも希とつるんでいたMという女の子は、がっちりした体型で番長みたい。二人を知らない人はいないほど、恐れられていました。私の知人は駅前で希に肩をぶつけられ、『どこ見て歩いているんだよ!』って怒鳴られたそうです》

という証言を引き出している。 「希」呼びされているところが妙にリアルだ。ふたりは“市内の女子中高生の間で有名な存在”だったともある。何をしでかしたらこんなにも広域かつ幅広い年齢に知れ渡るのだ……。 『週刊文春』(’10年10月14日号)

今回の、渡部建さんの不倫報道でも、週刊文春では「佐々木希、逆上」とあるように、佐々木希さんがキレて複数の不倫相手と電話で話したと伝えられています。

関連記事【画像】佐々木希の元ヤン魂!渡部建の不倫相手が震えた?電話内容がヤバイ!

ツイッター上では、佐々木希さんのヤンキー時代を知る人の書き込みが多く見受けられます。

寝ていることを担任(男性教師)に注意されたとき、佐々木希さが驚いて椅子ごと後ろに転倒してしまい、怒りのあまりに股関を蹴り飛ばしたこともあった。

佐々木希はケンカが強く、地元の祭りの夜に行われるヤンキー(女性)同士のタイマン勝負で負けると髪を切らないといけない『髪切りデスマッチ』に出場しても負け知らずだった。

真偽の程は分かりませんが、今までの清楚な佐々木希さんのイメージからかけ離れた内容に、ファンならずとも驚かされました。

佐々木希は元ヤン!「離婚しない」決断は、元ヤンからの脱却?

佐々木希は元ヤン!元ヤンからの脱却

佐々木希さんは、中学卒業後、家計を助ける為フリーターとして、秋田駅前にある秋田フォーラス「流行屋」という洋服の販売店で働かれていたようです。

秋田駅前にある秋田フォーラス『流行屋』

秋田駅前にある秋田フォーラス『流行屋』

スタイル抜群、美人の佐々木希さんは恐らく地元でも有名だったのでしょう。この時、スカウトされたのが芸能活動を始めるきっかけになったそうです。

その後、【週刊ヤングジャンプ・全国縦断素人美少女発見グラビア『ギャルコンJAPAN』】のスタッフが佐々木希さんを偶然撮影され、『ギャルコンJAPAN』初代グランプリに輝きました。

『ギャルコンJAPAN』初代グランプリ

『ギャルコンJAPAN』初代グランプリ

ソース画像を表示

ヤングジャンプ掲載後の2006年8月には、集英社『PINKY・第2回プリンセスPINKYオーディション』でグランプリに!

『PINKY』『第2回プリンセスPINKYオーディション』グランプリ

『PINKY』『第2回プリンセスPINKYオーディション』グランプリ

話題の美少女となった佐々木希さんには、10社以上の芸能事務所から誘いがあったそうです。最終的には、大手芸能事務所トップコート所属になりました。

その後は、美貌とスタイルでファッションモデル、女優として瞬く間に世間に知られることとなります。

佐々木 希(ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日生まれ・身長168cm -)は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 希(わたべ のぞみ)。

秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木希は元ヤン!離婚しない理由とは?

佐々木希さんは、2009年に出した写真集【Non】の中で以前の自分の事を以下の様に語っています。

ソース画像を表示

《なんとなく家に帰りたくなくって、どこか遠くに行きたかったんだよね》《今考えてみれば自分を見失っていたんだと思う》

また、2015年に出演した『アナザースカイ』でデビュー当時の事を思い出し

「秋田出身っていうことをナメられたくなくて、ちょっとツンツンしてまして、メークも濃くなっちゃうし、自分を晒したくないというのがすごくあって」

と話されています。

佐々木希さんは、テレビ出演されたさいも、過去を封印しているわけではなく「やんわりと認めて」います。 ただ々木希さんは、ヤンキーじゃなくギャル」のイメージにシフトチェンジすることに成功した様です。

ソース画像を表示

佐々木希さんは、『タピオカ騒動』で芸能活動を休止、私生活では離婚された木下優樹菜さんと親友。 20代のときに雑誌モデル仲間として知り合い、お互いを『悪友』と呼び合ってきた友人としても有名です。

ヤンキーイメージの木下優樹菜さんに対し、ギャルイメージとなった佐々木希さん。

6月17日の『文春オンライン』によると、佐々木希さんは「離婚をしない決断をした」と報道されています。

所属事務所関係者の証言によると、《彼女を心配する周囲には『私が彼を立ち直らせる』と気丈に振る舞っている》らしい。 『文春オンライン』

また、佐々木希さんが「離婚しない理由」を、『ゆきぽよ』さんは6月14日放送『サンデージャポン』で以下の様にはなされていました。

ソース画像を表示

ゆきぽよは“佐々木希は離婚しない“と主張し、 《やっぱり佐々木希さんって元ギャルじゃないですか。でもギャルってマインドは一生変わんない。ギャルってそんな簡単に人を嫌いになれない、そんな簡単に人を突き放させないから、ゆきは1回は許して、もっかいチャンスあげるんじゃないかなって思うんです》   6月14日放送『サンデージャポン』

「ゆきぽよ」さん達世代にとっても、すでに佐々木希さんはといえばヤンキーでなく、ギャルというイメージが定着している様ですね。

また、新しい情報が入り次第、当ブログでも報告したいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました